行政書士 田沼法務事務所
栃木県那須塩原市

.

遺言の基礎

遺言の基礎
遺言とは
特に遺言をお勧めするケース
遺言でできること

遺言の種類

遺言の変更、取り消し

遺言はいつでも変更や取り消しができる

 遺言の内容を変更したり取り消すことについて、誰の同意もいりません。遺言者の気持ちが変われば、遺言を自由に取り消すことができるのです。

 法律では「遺言は、いつでも、遺言の方式にしたがって、その遺言の全部、 または一部を、取り消すことができる」と定めています。これを遺言撤回の自由といい、この遺言の撤回権を放棄することはできません。たとえ、遺言者が相続人やその他の人に対し「私は遺言を撤回しない」という約束をしたとしても、この約束に一切拘束されることはありません。

 複数の遺言書が発見された場合、日付の新しいものが優先されます。

 また、遺言者が遺言書を故意に破棄した場合には、遺言が撤回されたとみなされます。(ただし公正証書遺言の場合には、原本が公証人役場に保管されているので、手元の正本や謄本を破棄しても、遺言を撤回したことにはなりません。)

遺言書に書いた財産を処分したい


 遺言書を書いてしまったら、その財産を自由に処分することができなくなるのでは、という質問をされることがありますが、そんなことはありません。

 遺言を書いたからといっても、生きている間は自分の財産を自由に処分できるのは当然で、その自由は何ら制限されません。

 遺言書の内容に矛盾する生前処分などを行った場合、矛盾する部分について遺言が取り消されたとみなされます。

. bar