行政書士 田沼法務事務所
栃木県那須塩原市

.

相続の基礎

相続の基礎
相続とは
法定相続人と法定相続分
相続人になれない人

ケース別に見る法定相続人

すぐにわかる!相続人早見表

誰がどれだけ相続するのか

遺留分ってなに?

遺留分を侵害されたら
特別受益とは
寄与分とは
誰がどれだけ相続するのか(法定相続分)
 残された財産を各相続人がそれぞれどれだけ相続するのかについても、遺言書がある場合はその内容が尊重されます。遺言書がない場合、法定相続分に従うことになります。

法定相続分のルール
@配偶者と第1順位の相続人の場合
          ・・・・・・配偶者 1/2、子 1/2
A配偶者と第2順位の相続人の場合
          ・・・・・・配偶者 2/3、直系尊属 1/3
B配偶者と第3順位の相続人の場合
          ・・・・・・配偶者 3/4、兄弟姉妹 1/4

 上の3つのパターンが法定相続分の基本形です。しかし、これだけではわかりにくいですね。いくつかのケースを具体的に検討してみましょう。
ケース1:相続人が配偶者と子供2人の場合

妻 :1/2
子@:1/2×1/2=1/4
子A:1/2×1/2=1/4
                多くの場合、このようなケースになるでしょう。この場合、配偶者は子供の数に関係なく2分の1。残りの2分の1を子供が均等に相続します。

ケース2:相続人が配偶者と被相続人の父母の場合

妻:2/3
父:1/3×1/2=1/6
母:1/3×1/2=1/6
                 被相続人に子がいない場合、配偶者と被相続人の両親(直系尊属)が相続人となり、直系尊属の法定相続分は3分の1となります。
 このケースで、父がすでに他界している場合、母が3分の1を相続します。

ケース3:相続人が配偶者と被相続人の兄弟姉妹の場合

妻:3/4
兄:1/4×1/2=1/8
姉:1/4×1/2=1/8

被相続人に子供がなく、両親(直系尊属)もすでに他界している場合、妻と被相続人の兄弟姉妹が相続人となり、兄弟姉妹の法定相続分は4分の1となります。
ケース4:相続人が子供だけの場合
子@:1/3
子A:1/3
子B:1/3

 配偶者が被相続人の死亡時にすでに死亡している場合、全ての財産を子供が均等に相続します。
ケース5:前妻の子と後妻の連れ後がいる場合
後妻:1/2
実子@:1/2×1/2=1/4
実子A:1/2×1/2=1/4
前妻:なし
連れ子:なし

後妻の連れ子は実子でも養子でもないため相続権がありません。生前に養子縁組をしていれば相続人となり、実子と同様の扱いになります。また、遺言によって連れ子に財産を残すこともできます。
. bar