行政書士 田沼法務事務所
栃木県那須塩原市

.

相続の基礎

相続の基礎
相続とは
法定相続人と法定相続分
相続人になれない人

ケース別に見る法定相続人

すぐにわかる!相続人早見表

誰がどれだけ相続するのか

遺留分ってなに?

遺留分を侵害されたら
特別受益とは
寄与分とは
相続とは
 相続とは、亡くなった人(被相続人といいます)の財産に関する権利や義務が、配偶者や子どもなどその人と一定の関係にある人(相続人といいます)に引き継がれることをいいます。
 そして、被相続人から相続人に引き継がれる財産のことを、「相続財産」あるいは「遺産」といいます。
法定相続人と法定相続分

◆誰が相続人になれるのか(法定相続人)

 残された財産をだれが相続するのかについては、被相続人(亡くなった人)の意思を尊重するため、遺言があればその内容が尊重されます。
 遺言がない場合、法律に基づいて相続人が決まります。これを法定相続人といい、その範囲は、配偶者、子(孫)、父母(祖父母)、兄弟姉妹などです。
 配偶者は常に相続人となりますが、戸籍上の配偶者(婚姻関係にある)でなければなりませんから、内縁の妻や内縁の夫に相続権はありません。内縁の妻や夫に財産を残したい場合は、遺言でそのように指定しておく必要があります。
 親族については次のように順位が規定されていて、上位の順位者がいる場合は、下位の順位者は相続人になれません。

○第1順位は子(直系卑属[ちょっけいひぞく])
 子には、養子、認知された子、胎児なども含まれます。被相続人の死亡時に子がすでに亡くなっている場合は孫が、孫も亡くなっている場合は曾孫が相続します(これを代襲相続といいます)。

○第2順位は父母または祖父母(直系尊属[ちょっけいそんぞく])
 第1順位である子がいないときは、第2順位である直系尊属(父母、祖父母)が相続人となります。父または母がいる場合、祖父母は相続人になれません。

○第3順位は兄弟姉妹
 第1順位、第2順位の相続人がいない場合に、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。兄弟姉妹の代襲相続は兄弟姉妹の子(甥、姪)までとなります。


[法定相続人と相続順位]

 
◆相続人になれない人(相続欠格・相続排除)

 法定相続人であっても、特別な場合には相続人になれません。

○相続欠格
 相続に関して不当に利益を得るために、人を殺害したり、詐欺や脅迫によって遺言をさせたり、遺言書を偽造・変造・破棄したり、隠したりした者は相続権を剥奪されます。

○相続廃除
 廃除とは、被相続人の請求に基づいて、家庭裁判所がその者の相続権を剥奪する制度です。例えば、被相続人が生前、相続人から虐待を受けていたり、重大な侮辱を加えられたなどといった場合、被相続人は家庭裁判所にその相続人の廃除を請求することができます。また、相続人の廃除は遺言によって請求することもできます。
. bar