行政書士 田沼法務事務所
栃木県那須塩原市

.

相続の基礎

相続の基礎
相続とは
法定相続人と法定相続分
相続人になれない人

ケース別に見る法定相続人

すぐにわかる!相続人早見表

誰がどれだけ相続するのか

遺留分ってなに?

遺留分を侵害されたら
特別受益とは
寄与分とは
寄与分とは?

◆故人に対して特別に貢献した相続人の権利

 故人の生前における財産の維持や増加、あるいは故人の看護などに特別の貢献があった相続人については、法定相続分を越える遺産を相続できる、と法律は定めています。
 被相続人に寄与をした相続人が得る利益のことを寄与分といいます。寄与分の額については、原則として相続人全員の協議によって決められますが、協議がまとまらないときは、家庭裁判所に審判等を申し立てます。寄与分は相続人のみに認められているものです。
 寄与分の額が決まったら、@相続開始時の財産から寄与分を差し引き、それをみなし財産とします。Aみなし財産を共同相続人で分割します。B寄与分を有する人の相続分に寄与分を加算します。


寄与分の計算

 たとえば、夫婦で店を開いていたが、夫が病気で倒れたため妻が店を切り盛りし、長女が実家に戻り父親の介護に当たったという場合。
 相続財産が9,000万円、妻の寄与分を2,000万円、長女の寄与分を1,000万円とし、ほかの相続人として長男がいたとします。

 被相続人の死亡時の財産9,000万円から妻の寄与分2,000万円と長女の寄与分1,000万円を差し引いた6,000万円(みなし相続財産)を法定相続の割合に従って3人に配分すると、計算上、妻は3,000万円、2人の子はそれぞれ1,500万円ずつとなりますが、妻の実際の相続分は、計算上の相続分3,000万円に寄与分2,000万円をたして5,000万円になります。また、長女の実際の相続分は、計算上の相続分1,500万円に寄与分1,000万円をたして2,500万円になります。

項  目 計 算 式 金  額
みなし相続財産 9,000万円−寄与分3,000万円 6,000万円
配偶者の相続分 6,000万円×1/2+2,000万円 5,000万円
長女の相続分 6,000万円×1/4+1,000万円 2,500万円
長男の相続分 6,000万円 × 1/4 1,500万円
実際の相続財産 A+B+C 9,000万円



. bar